ご利用上の注意

  1. 券面記載の有効期間(令和4年12月31日)以内に限り、ご利用いただけます。(期間を過ぎた場合は無効となります。)
  2. 事務局で登録した加盟店でのみ利用可能です。加盟店は予告なく変更する場合があります。
  3. 盗難・紛失・滅失または偽造・変造・模造等に対して、小林市は責任を負いません。
  4. 参加店舗印欄に捺印・記入済みのものは利用できません。
  5. 本券の第三者への交換又は売買、譲渡、現金との引き換えはできません。
  6. つり銭は出ません。
  7. 商品返品の際の返金はできません。
  8. 利用対象にならないものがあります。
    ※利用対象にならないものについては、追って掲載します。
    • (1)出資や債務の支払い(税金、振込代金、振込手数料、保険料、電気・ガス・水道・電話料金等)
    • (2)有価証券、金券、商品券(ビール券、清酒券、おこめ券、図書カード、店舗が独自発行する商品券等)、旅行券、乗車券、切手、官製はがき、印紙、プリペイドカード等の換金性の高いものの購入
    • (3)たばこ事業法(昭和59年法律第68号)第2条第1項第3号に規定する製造たばこの購入
    • (4)当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)第2条に規定する当せん金付証票(宝くじ)及びスポーツ振興投票の実施等に関する法律(平成10年法律第63号)第2条に規定するスポーツ振興投票券の購入
    • (5)保険診療対象となる医療費の支払い
    • (6)介護保険の対象となるサービス費の支払い
    • (7)事業活動に伴って使用する原材料、機器類及び仕入商品等の購入
    • (8)土地・家屋購入、家賃・地代・駐車料(一時預りを除く)等の不動産に関わる支払い
    • (9)現金との換金、金融機関への預け入れ
    • (10)風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に該当する営業に係る支払い
    • (11)特定の政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
    • (12)その他、事務局がクーポン券の利用対象として適当と認めないもの
    • ※宿泊代金の支払には使用できません。(宿泊に付随する各種サービスには使用可能)